開催報告

11/28開催 西東京市立東小学校

9月末よりスタートした本年度キノシタスケートアカデミー。
第3回目は11月28日(水)、西東京市立東小学校にて開催されました。

この日は、6年生46名とあすなろ学級(特別支援学級)1年生~6年生25名が参加。体育館に設置された見慣れぬ簡易スケートリンクを目の当たりにし、緊張した表情でこの日の講師を務めるキャシー・リードさんの登場を待っていました。

現在振付師やコーチとしても活躍する、アイスダンス元日本代表のキャシーさん。自身の経験を基に、「人生思いがけないチャンスが来る。そのチャンスを逃さず掴めるように常に目を見開いて!」「支えてくれている家族や周りの人たちへ感謝の気持ちを忘れないこと」と、熱く語りかけるキャシーさんに、子どもたちも真剣な眼差しを向けていました。

スケート体験が始まると、初めは恐る恐るリンクに足を踏み入れた子どもたちも、キャシーさんのアドバイスを受け徐々に手すりから手を離して歩くことができるようになり、お友達同士で手を繋いで楽しげにリンクを滑り出しました。
 
「今度はスピンにチャレンジしてみましょう。」と、キャシーさんが華麗なスピンのお手本を見せると、「かっこいい!わたしもスピンやってみたい!」と、さっそく挑戦する子どもたちの弾ける笑顔が印象的でした。

体験後にはみんなで記念撮影。
最後は子どもたちが花道をつくり、キャシーさんを笑顔でお見送りしました。

また、今回授業後に給食に招かれたキャシーさん。

栄養たっぷりの美味しい給食をいただいた後は、なんと小学校のマスコットキャラクターまなぶんも登場し、クラスのみんなから歌のプレゼントが!
キャシーさんも大感激の、楽しいランチタイムとなりました。